イキイキとした体を作る|イキイキ健康アカデミー

病気の予防

腎臓病を食事療法で改善

腎臓病の症状は、たんぱく尿、むくみ、血尿、高血圧、尿量の変化です。 進行しますと尿毒症になりますので注意が必要です。 薬と併用して、安全な食事療法を考えてみてはいかがでしょう。 たんぱく質の取りすぎは良くありませんし、エネルギーは不足しないように、食塩は控えて、カリウムや水分の制限などもしなければいけません。 水分は少ないと血流の問題に繋がりますので加減が大事になってきます。 意識して食事を考えなければ難しいかもしれませんが、食事療法は安全で進行を遅らせる事ができますし、患者の体調を良好に保てる事ができます。 腎臓病には、急性慢性腎炎、ネフローゼ症候群、腎不全など沢山の病気があり、それぞれ病気や患者に合わせた食事療法が好ましいです。

食事の改善で病気の進行を遅らせる

腎臓病は進行しますと老廃物が溜まり尿毒症になり危険です。 病気の進行を遅らせる為には食事制限が効果的で食事療法も取り入れるのは良い事です。腎臓病は腎臓の働きが悪くなる事ですが、腎臓は体の臓器の中でも大切な働きをしています。体の中の毒素や老廃物の除去、水分の調節、生命を維持するのに大切や役割をしていますので腎臓が悪くなると体の至るところに影響が出てきます。 尿毒症になりますと溜まった老廃物を除去するのに透析をしたり、移植といった形で腎臓に変わる事をしなければいけなくなります。 患者にはとても体に負担がかかり、精神的にも良くありません。 腎臓病になったら食事療法も取り入れて進行しないように注意が必要です。